SEOでのよくある勘違い「被リンクはもう効果ない」

色々なSNSのアイコン

SEO対策の手法のひとつ、被リンクはもう効果がないという噂が、ネット上で囁かれています。
特に、Google検索では、以前のような効力がないと言われていますが、それは勘違いです。
こうした噂が出るようになったのは、Googleのアルゴリズムの進化によるものです。
Googleでは、ユーザーが求めるサイトや本当に価値のあるサイトが上位表示されるように、アルゴリズムを進化させてきました。
そのアップデートの中で大きく見直されたのが、被リンクです。

以前は数が多ければ、それだけで上位表示されやすい状態になっていましたが、現在は被リンクをしているサイトの価値が検索順位に影響をするようになりました。
アップデート後は、内容が充実しており、ユーザーにとって価値のあるサイトからの被リンクは良い評価に、それに対してSEO対策の為に作られたサイトや中身が全く充実していないサイトからの被リンクはマイナス評価となり、検索順位が大幅に変わりました。
それによって生まれたのが、被リンクだけではもうSEO対策にはならないという勘違いです。
Googleがアップデートによって取り入れたのは、被リンク先の内容の評価のみです。
ですから、被リンクが増えればそれだけで検索順位が上がる時代が終わっただけで、その効果を完全に失った訳ではありません。

価値のある被リンクをGoogleは今でも評価している

Googleは、アルゴリズムの進化後、被リンクなしでも1位表示は理論的に可能と、発言しています。
ただ、あくまで理論的な話で、実際に1位表示を目指すのであれば、世の中の関心を示す被リンクの存在は欠かせないと認めています。
サイトの内容によっては、マイナス評価が加わる事になりましたが、価値のあるサイト、ユーザーにとって有益なサイトに関しては、Googleは今でも高い評価をしており、被リンクは必ずしも、マイナス評価になるというものではありません。
ですから、価値のあるサイトからの被リンクを増やす事によって、上位表示を目指す事ができます。
そして、より高い順位を目指したいのであれば、マイナス評価になるサイトを取り除いておく事が有効です。

ただ、SEO対策の効果を高める為に被リンクを厳選したいと考えても、リンクを外して貰う事は簡単ではありません。
そんな時に便利なのが、Googleサーチコンソールです。
被リンクを確認し、外したいサイトがあれば、リンク否認を行う事で、マイナス評価に繋がる可能性があるサイトを取り除く事ができます。
良くないサイトからの被リンクが多ければ、リンク否認の活用が有効です。

そんな被リンクというのは、気が付かない間に増えている事があります。
ですから、良い効果を維持する為には、定期的に確認し、問題があるサイトがあれば、リンク否認を行っておく事が大切です。