中古ドメインの探し方と販売サイト紹介

ページランクの高い中古ドメインは需要が非常に高くなっており、新規ドメインと比べて高額であるにもかかわらず、慢性的な品切れ状態になっています。
また、中古ドメインの質は玉石混交であり、探し方によって当たりはずれがありますので、あまりドメインに関する知識のない場合には、販売サイトを利用した方が質の良いドメインを入手しやすいです。
今回は利用開始から使い勝手がよく、コストパフォーマンスの高いドメインを手に入れるために必要な、中古ドメインを検索する方法や販売サイトを利用した時のメリットなどについてご紹介していきます。

ハズレない、良質な中古ドメイン(オールドドメイン)とは

なぜ中古ドメインを購入するのかというと、取得するとすぐにエイジングフィルターを避けることができ、前所有者が保持していた評価や被リンクを受け継いでいるからです。
エイジングフィルターの管理は度の中古ドメインでも得られるメリットですが、評価や被リンクに関しては、中古ドメインといえども個別に質の善し悪しが異なっています。
この項目がサイトの運営上優れているドメインが、ハズレのない良質なドメインであるということです。

良質な中古ドメインは、原則長期的に利用されていたものです。
コンテンツの品質や数が多く質の良い被リンク、アクティブユーザーの数など、一朝一夕では獲得できない付加価値を長い時間かけてつけているのです。
ただし、長く運用されていたドメインがすべて優秀であるとは限りません。

中古ドメインは買う前にしっかりチェックする

まずはウェイバックマシンなどで過去のサイトをチェックして、デザインやコンテンツが自分の運営予定のサイトと似通っているかを確認します。
例えば、集客力があるとはいえ、暴言や下品な言葉などで高く評価されていた中古ドメインの場合、評価を取得しても悪影響に転じる恐れがあります。
MajesticSEOのようなツールを使って被リンクを調査して、質を確認することも重要です。
条件の良い中古ドメインを取得して運営をした場合には、これらの影響から短期間で多くの良質なリンクを獲得できます。
上記に加え、ドメイン名にも注意が必要です。
意味不明な文字列で構成されている名前のドメインや、下品な言葉、差別的な言葉、暴力的な言葉などを連想させるような名前のドメインは、取得した新ユーザーに対する評価にも影響を及ぼす恐れがあるため、避けた方が無難です。
逆に、プレミアムな名前がついているドメインは、企業等の公式サイトで利用されていた可能性が高く、覚えやすいこともあってリンクの収集が容易になります。

良いドメインかの判断は難しい

質の良いドメインかどうかは、質の良いリンクを増やせるか、高い評価を得られるかにかかってきますが、それを客観的に判断するのは非常に困難です。
例えば、集客力が高いとしても、以前のサイトが違法サイトやアダルト系のサイトなどの一般的な評価の低いところであった可能性が否めません。
そのため、質の良いドメインを取得するためには、単純に何らかのスコアが突き抜けて高いものではなく、トータルバランスの良いものであることが重要です。
それに加えて、過去にペナルティを受けていたり、スパムやハッキングなどの被害を受けていたりするドメインは、検索サイトからの評価が低い状態でスタートすることになり、サイバー被害に遭う可能性も高いことを考慮する必要があります。
また、アクセス数が多くても、集客力につながらないような閲覧専用扱いのサイトなどもあります。
大まかな判断基準になりますが、運営期間が長く、大きなトラブルがないと判断できるドメインは、頻繁にアドレスを変える違法なサイトである可能性が低いですし、何らかの利益を上げていた可能性が高いため、質の良い中古ドメインと判断してもよいでしょう。